気分はいつでも旅行客
20代営業職女性による国内外への週末ひとり旅のススメ
201805 GWセブ留学

フィリピンのソウルフードといえばJollibee!<GWセブ留学14>

jollibe外観

さて、この日はJollibee(ジョリビー)へランチに行きました!日本人のお友達と、ブラジル人のお友達と、英語学校の先生といっしょに。

ITパーク内に二か所ありますが、今回行ったのは学校から道を挟んですぐの場所です。

Jollibeeとは?

Jollibeeは、とっても有名なフィリピンの大人気ファーストフード店です!

jollibe外観

「ファーストフードといえばマクドナルド」が通用しない唯一の国こそが、ここフィリピンです。

創業は1975年と新しいものの、年間売り上げ3000億円以上、国内の店舗数もマクドナルドのなんと2倍!を誇ります。もともとはアイスクリーム屋さんだったところを、少しずつメニューを増やし、国内No.1シェアを獲得していったんだそう。

人気の秘密はとにかくフィリピン人好みの甘い味付けにしていること。パスタやバーガーにもバナナケチャップを使ってるそうです。

ちなみに社員で店前にいるのは有名マスコットキャラクターのMr.Jollibee。店名にbeeが入ってるからハチのモチーフ。表情が生き生きしてる。

番号が振られた分かりやすいメニューでオーダー

ITパークにある多くのお店と同様、入り口にはガードマンさんがいて、にこやかにドアを開けてくれます。

中に入ると、いかにもファーストフード店らしいレジカウンターが。行ったのは13時すぎですが、各列で3,4人が待つくらいでスムーズでした。

レジ

店内の広さはこれくらい。

店内

メニューはバーガーにホットドッグにパスタ?!

ちゃんと撮り忘れちゃったので、上の写真の切り抜きですが・・・。

メニュー1メニュー2メニュー3

どれもこれも安い!ドリンクセットを頼んでもPhp90~120ほどです。(1Php=2.076円 ※2018年9月)

ファーストフードといえば「ハンバーガーにコーラ」のイメージでしたが、Jollibeeの主力メニューはチキンやハンバーグ、パスタなど。なんだか洋食店のようなラインナップ。ハンバーガーやホットドックなんかもあります。

オーダーしてみよう

頼み方はすごく簡単!メニューの横に書いてある「アルファベット+数字」をレジで伝えればいいだけ。(見えにくいかもしれませんが・・)

私はメニュー番号「C2」チキンとスープ・ライス・飲み物のセットをオーダーしました。Php102です。

チキンを頼むと辛さを聞かれます。私は辛いほうをオーダー。

さあ実食!

ライスはやっぱりハンバーガーのように包まれています。ひろげてほぐして食べましょう。

そしてスープが想定より大きい!・・・というか画像と縮尺がだいぶちがう気が・・・!

セットメニュー

チキンは思いのほか辛かったです!手前にあるグレービーソースをつけて食べるのが定番らしいです。

全体的なお味は、なんというか・・・、とても、普通でした。パスタも友達にもらってすこし食べましたがバナナケチャップの甘さがなんとも。かんとも。

ということで正直、とっても好み!という味ではなかったですが、ローカルの味に触れてみたい!って方とって、フィリピン・セブ旅行では外せない場所かなと思います。

こんなにお安いのに、(私は)わりとお腹いっぱいにもなったので、安く留学を済ませたい人にもいいかも。

ちなみに退店のときはトレーを席に置いたままでOKです!トレーを持って返却カウンターをきょろきょろ探してたらちょっと笑われました。う~ん慣れない!

日本進出とのウワサあり?

ちなみに、Jollibeeが2018年についに日本に第一号店を出店するといううわさが数年前からあるようですが、QQEnglishの社長さんがJollibeeのオーナーに直接聞いて否定されていました。

スクープ!フィリピン・ジョリビー日本進出最新情報【留学生必見】 | 俺のセブ島留学

そもそも日本にJollibeeがないこと自体、学校の先生たちに大変驚かれました。いつか日本へ進出してくれたら、セブ留学のことを思い出しながら食べてみたいです。